産経ニュース

【ウワサの現場】警視庁昭島署に眠る謎の金属球体「X」 不発弾、毒ガス、ランタン? 正解は…

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ウワサの現場】
警視庁昭島署に眠る謎の金属球体「X」 不発弾、毒ガス、ランタン? 正解は…

昭島警察署に眠る謎の金属球体 昭島警察署に眠る謎の金属球体

 残る1つは直径約15センチで、金属劣化のために外面が破れ内部がむき出しに。内部をのぞくと、アルコールランプの芯のような太い綱が上部の突起部分からつながっている。

 いずれの球体も素材は鉄とみられ、かなりの重量があり、石油の臭いが強い。また、上部の突起物は手榴弾(しゅりゅうだん)の信管のように見えなくもない。

かつての軍施設跡

 金属球体が出土した工事現場にはかつて、旧日本陸軍の施設があった。近隣の工事現場からは、たびたび古い機関銃の塊や焼夷弾(しょういだん)なども発見されている。

 昭島市都市計画部地域開発課の担当者によると、同所には大正11(1922)年、旧日本陸軍航空第五大隊が設置された。昭和13(1938)年に名古屋工廠(後の陸軍航空工廠)の機体・発動機部門が昭島に移転し、立川陸軍航空工廠となった。敗戦を迎えた20(1945)年からは進駐してきた米軍により約22年間、米軍立川基地(キャンプ・フィンカム)としての歴史を歩んできた。現在は法務省国際法務総合センターの建設予定地として開発が進んでいる。

 市の担当者は「かつては軍用航空機を造っていた場所。危険物ではないのなら、航空機の部品を転用した何かの道具ではないか」と推測する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 警視庁昭島署に眠る謎の金属球体「X」 不発弾、毒ガス、ランタン? 正解は…
  • 警視庁昭島署に眠る謎の金属球体「X」 不発弾、毒ガス、ランタン? 正解は…
  • 警視庁昭島署に眠る謎の金属球体「X」 不発弾、毒ガス、ランタン? 正解は…

「ニュース」のランキング