産経ニュース

【長野・南牧村死体遺棄】死亡男性の死因は外傷性ショック 殺人事件として長野・山梨両県警で合同捜査

ニュース 社会

記事詳細

更新

【長野・南牧村死体遺棄】
死亡男性の死因は外傷性ショック 殺人事件として長野・山梨両県警で合同捜査

斉藤弥生さん 斉藤弥生さん

 長野県南牧村野辺山の畑で昨年11月27日、山梨県甲州市の会社員、斉藤弥生さん=当時(36)=が遺体で発見された死体遺棄事件で、県警は16日、司法解剖などの結果、死因を外傷性ショックと特定したと発表した。

 同県警によると、外傷はほぼ全身に認められたという。このため、何者かが暴行して殺害したと断定し、殺人・死体遺棄事件として捜査にあたる。

 この事件では、斉藤さんが勤務していた山梨県昭和町の貴金属買い取り店で11月27日未明、防犯システムが解除され、2人組が忍び込む窃盗未遂事件も起きている。

 これまで、斉藤さんの死体遺棄事件は長野県警、山梨県昭和町の窃盗未遂事件は山梨県警が中心となって捜査してきた。

 しかし、斉藤さんが殺害されたと断定し、斉藤さんの生活拠点が山梨県内にあったことから、両県警で合同捜査を進める方針となった。

 今後も、斉藤さんが11月26日夜に勤務先を退勤後、殺害・遺棄されるまでの足取りや犯人との接点などを重点的に捜査する。

「ニュース」のランキング