産経ニュース

茨城・神栖市の廃棄物処理会社で発砲 従業員1人死亡、1人けが 容疑者の男は自殺か

ニュース 社会

記事詳細

更新


茨城・神栖市の廃棄物処理会社で発砲 従業員1人死亡、1人けが 容疑者の男は自殺か

男性従業員2人が撃たれた「鹿島信販」=15日午前、茨城県神栖市 男性従業員2人が撃たれた「鹿島信販」=15日午前、茨城県神栖市

 15日午前7時40分ごろ、茨城県神栖市砂山の廃棄物処理業「鹿島信販」の建物入り口付近で、男性従業員2人が同僚の男に拳銃で撃たれたと110番通報があった。上半身を撃たれた同市神栖の田村寿一さん(49)は意識不明の状態で病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。もう1人の男性従業員(28)=千葉県旭市=は腹部を撃たれ、重傷を負ったが、命に別条はないという。

 発砲した男は現場から逃走。茨城県警鹿嶋署は殺人未遂事件として行方を追っていたが、約4キロ離れた神栖市南浜の市海浜運動公園の駐車場で、男が所有するとみられる乗用車の運転席で、血だらけの状態で死亡しているのが見つかった。

 男は同市神栖の同社従業員、冨田善広容疑者(65)。車内に拳銃が残されており、県警は現場の状況などから、冨田容疑者が犯行後、回転式の拳銃で頭部を撃ち、自殺したとみて詳しく調べている。

 県警は容疑を殺人に切り替え、拳銃の入手ルートやトラブルの有無などを調べている。

「ニュース」のランキング