産経ニュース

多摩の会社員刺殺、宅配業者を装い玄関開けさせる

ニュース 社会

記事詳細

更新


多摩の会社員刺殺、宅配業者を装い玄関開けさせる

送検のため警視庁多摩中央署を出る志村亮介容疑者(当時)=2017年2月14日午前7時45分ごろ 送検のため警視庁多摩中央署を出る志村亮介容疑者(当時)=2017年2月14日午前7時45分ごろ

 東京都多摩市の会社員、福吉香平さん=当時(25)=が殺害された事件で、殺人容疑などで逮捕された元宅配会社アルバイト、志村亮介容疑者(29)が「(福吉さんを)狙ってやった。殺すつもりで行った」と供述していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。事件当日、配達業者を装って福吉さん宅を訪問しており、警視庁多摩中央署捜査本部は詳しい動機を調べる。

 捜査関係者によると、志村容疑者は「『宅配便です』とインターホンを押し、福吉さんが玄関を開けたところを刺した」とも供述している。一方で、福吉さんは4階に居住していたが、志村容疑者は事件前、3階にも立ち寄っていたほか、2人に面識がなかったとみられ、捜査本部は供述の真偽を調べる。

 凶器のサバイバルナイフは供述通り、川崎市の雑木林で発見。サヤ部分に付着した血痕から福吉さんのDNA型が検出された。捜査本部は同日、志村容疑者を送検した。

このニュースの写真

  • 多摩の会社員刺殺、宅配業者を装い玄関開けさせる

「ニュース」のランキング