産経ニュース

【桜井紀雄が見る劇場型半島】「韓国社会では謝罪してはならない」朴槿恵大統領が受けた忠告は本当だった?

ニュース 社会

記事詳細

更新

【桜井紀雄が見る劇場型半島】
「韓国社会では謝罪してはならない」朴槿恵大統領が受けた忠告は本当だった?

韓国のインターネット番組でインタビューに応じた朴槿恵大統領(聯合=共同) 韓国のインターネット番組でインタビューに応じた朴槿恵大統領(聯合=共同)

 「韓国社会では謝罪してはならない」。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(65)は、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告(60)の国政介入疑惑について謝罪する前、周囲からこう忠告されたことをインターネット番組で明かした。忠告は杞憂(きゆう)に終わらず、謝罪を合図に疑惑の追及が拡大。自身は弾劾訴追で大統領権限を停止され、国政はまひ状態に陥った。同時に、慰安婦問題をめぐる日韓合意を覆そうとする動きが勢いづくなど、外国との約束や法をないがしろにする風潮も広がった。韓国は本当に謝罪してはならない社会なのか。

 朴氏は1月下旬、韓国経済紙の主筆が運営する保守系ネット番組のインタビューに応じ、「謝罪してはならない」との忠告があったものの、演説草稿の作成で、崔被告の手助けを受けた部分についてだけ謝罪するつもりだったと振り返った。

 だが、昨年10月25日の国民向け謝罪をきっかけに堰(せき)を切ったようにメディアが次々疑惑を報じていった。特に2014年の旅客船セウォル号事故当日、動静がはっきりしない「空白の7時間」問題が蒸し返され、事故当日、「祈祷(きとう)をしていた」「美容施術を受けていた」といった噂が拡散した。

 朴氏へのバッシングは、水に落ちた犬を打つがごとく様相を呈した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「韓国社会では謝罪してはならない」朴槿恵大統領が受けた忠告は本当だった?
  • 「韓国社会では謝罪してはならない」朴槿恵大統領が受けた忠告は本当だった?
  • 「韓国社会では謝罪してはならない」朴槿恵大統領が受けた忠告は本当だった?

「ニュース」のランキング