産経ニュース

交際相手宅で男児出産して遺体放置 容疑で43歳女を逮捕 東京・足立

ニュース 社会

記事詳細

更新


交際相手宅で男児出産して遺体放置 容疑で43歳女を逮捕 東京・足立

 交際相手の自宅で出産した男児の遺体を放置したとして、警視庁竹の塚署は死体遺棄容疑で、住居不定の無職、中村めぐみ容疑者(43)を逮捕した。調べに対し、「赤ちゃんがかわいそうで手放すことができなかった」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月28日ごろ、東京都足立区のマンションの室内で出産した男児が死亡したにもかかわらず、遺体をポリ袋に入れるなどして室内に放置したとしている。

 竹の塚署によると、マンションは中村容疑者の交際相手の40代男性の自宅で、今月24日に部屋を訪れた男性の母親が「息子の家に知らない人がいる」と110番通報した。駆けつけた警察官が部屋にいた中村容疑者に事情を聴いたところ、男児の遺体を隠していることを打ち明けたという。

 中村容疑者は「浴槽で出産したが、泣かないので死んだと思った」などと話しているといい、竹の塚署は男性にも事情を聴き、男児が死亡した経緯について調べる。

「ニュース」のランキング