産経ニュース

京急運転士が居眠り運転 横浜-蒲田間

ニュース 社会

記事詳細

更新


京急運転士が居眠り運転 横浜-蒲田間

 京浜急行電鉄は30日、三崎口発泉岳寺行き快特列車を運転していた男性運転士(29)が居眠り運転していたと発表した。運行中に目立ったトラブルはなかった。

 同社によると、この運転士は同日午後3時ごろ、横浜-京急蒲田間を走行中の約10分間、意識がもうろうとなり、体がふらついていたという。

 運転士の異常に気付いた乗客が同社に連絡し、乗務を終えた運転士に確認したところ、本人が居眠り運転を認めたという。同社は「出勤時の健康確認を徹底する」としている。

「ニュース」のランキング