産経ニュース

消防士長が酒気帯び運転 茨城県かすみがうら市 「長い時間休んだので大丈夫だろう」と話す

ニュース 社会

記事詳細

更新


消防士長が酒気帯び運転 茨城県かすみがうら市 「長い時間休んだので大丈夫だろう」と話す

 茨城県のかすみがうら市消防本部は23日、消防本部予防課の男性消防士長(35)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発されたと明らかにした。処分する方針。

 消防本部によると、20日午後6時ごろから同県土浦市内の飲食店で飲酒し、同日午後10時ごろ、駐車場に止めた軽乗用車の中で就寝。翌21日午前5時ごろ、車を運転して帰宅途中に職務質問され、酒気帯び運転の基準値を超えるアルコールが検出された。21日は朝から勤務の予定だったが休んだ。

 消防本部に対し「長い時間休んだので大丈夫だろうという思いがあった」と話している。

「ニュース」のランキング