産経ニュース

なぜ、だれが… 千葉県で蛇口やメーター盗難相次ぐ メーター外側部分の銅合金が目当て? 住民らがパトロール

ニュース 社会

記事詳細

更新


なぜ、だれが… 千葉県で蛇口やメーター盗難相次ぐ メーター外側部分の銅合金が目当て? 住民らがパトロール

水道の蛇口が窃盗被害に遭っていないか、いたずらなどはされていないか確認する園芸業者の男性=千葉県木更津市八幡台(林修太郎撮影) 水道の蛇口が窃盗被害に遭っていないか、いたずらなどはされていないか確認する園芸業者の男性=千葉県木更津市八幡台(林修太郎撮影)

 住民からは不安の声

 木更津市は職員に加え、公園管理を請け負う木更津造園建設業協同組合を動員してパトロールを強化した。

 八幡台中央公園を見回る50代の男性組合員は「水も飲めないなんて子供がかわいそう」と話す。

 近隣住民にも不安が広がっている。小学2、4年の娘を持つ近隣在住の下林弘延さん(39)は「蛇口がないと手も洗えない。泥棒がいるかもと思うと、子供を持つ身には恐ろしい」と言い、3児の母という女性(38)は「犯行を子供が目撃して何かされたらと思うと怖い」と話した。

                     

 ケーブルやアルミ扉、過去にも盗難被害に

 蛇口や水道メーター以外でも、県内では公共物や屋外設置物を持ち出す窃盗事件が散見されている。

 平成26年には、グレーチングを盗んだとして、無職の男=当時(59)=が船橋署に逮捕された。

続きを読む

「ニュース」のランキング