産経ニュース

なぜ、だれが… 千葉県で蛇口やメーター盗難相次ぐ メーター外側部分の銅合金が目当て? 住民らがパトロール

ニュース 社会

記事詳細

更新


なぜ、だれが… 千葉県で蛇口やメーター盗難相次ぐ メーター外側部分の銅合金が目当て? 住民らがパトロール

水道の蛇口が窃盗被害に遭っていないか、いたずらなどはされていないか確認する園芸業者の男性=千葉県木更津市八幡台(林修太郎撮影) 水道の蛇口が窃盗被害に遭っていないか、いたずらなどはされていないか確認する園芸業者の男性=千葉県木更津市八幡台(林修太郎撮影)

 千葉県木更津市内の各地の公園で、昨年12月から蛇口や水道メーターの盗難が相次いでいる。県警が把握する被害は20日現在、蛇口10個と水道メーター25個で被害額は計6万8000円。被害に遭った公園では水道が使えない状態が続く。年が明け、水道メーターの盗難は市原市にも広がった。窃盗事件として警戒を強化する警察や近隣住民のパトロールを尻目に暗躍する“水道盗賊”。誰が、何のために?(林修太郎)

                     

 木更津で発生、市原も

 事件の発覚は昨年12月26日。木更津市の南部、八幡台の公園で、水道メーターや蛇口が無くなっているのを近隣住民が見つけた。通報を受けた市が周囲の公園を調べると、八幡台のほか大久保でも被害が判明。八幡台を中心に半径1キロ圏内の計6カ所で蛇口や水道メーターが無くなった。

 1月に入っても被害は止まず、八幡台から約3キロ北の桜町など、市の中央部計8カ所でも同様の被害が発見された。市によると、水道メーターは公園内の地下に埋められており、検針のため施錠せず、誰でも簡単に開けられるという。

 市原市でも1月、アパート5棟で水道メーター計22個が盗まれる被害が発生。その後の県警の調べで、近くの空き家でも数件、水道メーターが盗まれていることが分かり、県水道局が現在、被害実態を集計中。

続きを読む

「ニュース」のランキング