産経ニュース

世界の民間航空パイロット数千人が“自殺願望”の衝撃リポート パワハラ、セクハラで苦悩…秘密にしがちな事情

ニュース 社会

記事詳細

更新


世界の民間航空パイロット数千人が“自殺願望”の衝撃リポート パワハラ、セクハラで苦悩…秘密にしがちな事情

うかうか空の旅もしていられない=AP(一部画像を処理しています。写真と本文は関係ありません) うかうか空の旅もしていられない=AP(一部画像を処理しています。写真と本文は関係ありません)

 「世界の民間航空で働いているパイロットのうち数千人が鬱病か、自殺願望を抱えているが、仕事を失うことを恐れてそれを隠している」。ニューヨーク・ポスト紙など米メディアがこんなショッキングなリポートを伝え、衝撃が広がっている。一体どういうことなのか。(夕刊フジ)

 不気味なリポートを発表したのは、米国のハーバード公衆衛生大学院。2015年3月24日、ジャーマンウイングスの定期便がフランス南東部のアルプス山中に墜落、150人の死者を出した。鬱病だった副操縦士による自殺行為と判明したが、この事件をきっかけに同大学院は8カ月にわたり調査した。

 世界の3278人のパイロットから聞き取り調査し、13%にあたる426人が鬱病かそれに近い状態を経験したと答えたほか、75人は聞き取りを実施した時点から2週間以内に「自殺が頭をよぎった」と答えたという。

 この結果を世界を飛ぶ民間パイロット(14万人、うち半数は米国)に置き換えると、1万8000人が鬱病か、それに近い症状で、5600人に自殺願望があることになるというのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング