産経ニュース

【文科省天下り斡旋】前川次官、審議官時代に2件の斡旋 平成25~28年に計37件の疑わしいケース 調査に組織的な隠蔽工作も

ニュース 社会

記事詳細

更新

【文科省天下り斡旋】
前川次官、審議官時代に2件の斡旋 平成25~28年に計37件の疑わしいケース 調査に組織的な隠蔽工作も

 文科省の前川喜平事務次官  文科省の前川喜平事務次官

 文部科学省が平成27年、元高等教育局長に早稲田大教授への天下りを斡旋(あっせん)したとして国家公務員法違反の疑いが持たれている問題で、内閣府の再就職等監視委員会は20日午前、調査報告書を公表した。人事課を中心とした組織的な斡旋への関与が常態化し、斡旋を禁じた国家公務員法違反があったと認定。調査への組織的な隠蔽工作が行われていたことも指摘した。

 元局長の問題以外にも、前川喜平次官が文部科学審議官時代に関与した2件の斡旋行為を含め9件の不正行為を認定。監視委の調査ではこれを含め計37件の疑わしいケースが判明し、文科省に対し調査して報告するよう求めた。

このニュースの写真

  • 前川次官、審議官時代に2件の斡旋 平成25~28年に計37件の疑わしいケース 調査に組織的な隠蔽工作も

「ニュース」のランキング