産経ニュース

渋谷駅前ビル巡り脱税 韓国料理研究家の女性ら2人を在宅起訴

ニュース 社会

記事詳細

更新


渋谷駅前ビル巡り脱税 韓国料理研究家の女性ら2人を在宅起訴

 東京地検特捜部は16日、東京・渋谷駅前のビルを巡り、所得税約3800万円を脱税したとして、所得税法違反罪で韓国料理研究家の女性ら2人を在宅起訴した。

 2人は金徳子被告(72)と、夫の会社役員鄭孝夫被告(74)。特捜部は脱税を手助けしたとして、同法違反ほう助罪で健康食品販売会社「ANZU KLIMERS」(アンズクライマース、東京都千代田区)の井上徹代表取締役(64)も在宅起訴した。

 起訴状によると、金被告らは所有する渋谷駅前のビルを本来売るつもりのないANZU社に売却するという内容の不動産売買契約書を作成。2013年、契約解除に伴い違約金が発生したとして約2億5500万円をANZU社に支払って経費計上し、所得を圧縮していた。違約金は実際にはキックバックさせていた。

「ニュース」のランキング