産経ニュース

民進・共産の事務所で損壊 旭川、灯油パイプ切られ街宣車の窓割られる

ニュース 社会

記事詳細

更新


民進・共産の事務所で損壊 旭川、灯油パイプ切られ街宣車の窓割られる

フロントガラスなどが割られた民進党北海道第6区総支部の街宣用ワゴン車=2日、北海道旭川市 フロントガラスなどが割られた民進党北海道第6区総支部の街宣用ワゴン車=2日、北海道旭川市

 北海道旭川市の民進党北海道第6区総支部事務所で、昨年12月31日から今年1月1日までの間に、屋外に設置された暖房用の灯油タンクから屋内に延びるパイプが切断され、灯油が漏れ出す被害があったことが3日、分かった。旭川市の共産党地区委員会事務所でも同様に灯油用のパイプが切られており、旭川中央署が器物損壊事件として調べている。

 民進党関係者によると、総支部事務所の駐車場に止めていた街宣用ワゴン車も、フロントガラスなどが割られ、タイヤ数本がパンクさせられていた。タイヤは刃物か工具のようなもので穴を開けられていたという。総支部事務所は31日夕から無人で、1日朝に訪れた市議が被害に気付いた。

 両事務所が1日に被害届を出した。

「ニュース」のランキング