産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


甲府で強盗相次ぐ 12月に入り3件

現場の居酒屋を調べる捜査員=27日、甲府市上石田(外崎晃彦撮影) 現場の居酒屋を調べる捜査員=27日、甲府市上石田(外崎晃彦撮影)

 甲府市内で26日夜と27日未明、店舗への強盗が相次いだ。1件は未遂で、いずれもけが人はなかった。山梨県警は犯人の特徴などから、関連性は薄いとみて捜査している。

 26日午後9時ごろ、甲府市向町のコンビニエンスストア「デイリーヤマザキ甲府バイパス店」に男が押し入り、レジにいた女性店員(22)にナイフを突きつけて「金を出せ」と脅した。店員は事務室に避難。その間に男は何も取らずに逃げた。男性オーナーが110番通報した。

 県警捜査1課によると、男は身長165センチくらい。20歳前後の細身で、上下とも灰色のスエットだった。黒い首巻きと黒い野球帽を着用し、黒いサンダルのようなものをはいていた。

 当時、店内に客はなく、レジの女性のほか、3人の女性店員が事務室内にいたが、いずれもけがはなかった。

 店の防犯カメラには、男が歩いて現場を去る模様が残されており、同課が行方を追っている。

 さらに27日午前4時55分ごろ、甲府市上石田の居酒屋「地どりのうえ田」で、オーナーの男性(30)が忘れ物を取りに店に戻った際、2人組の男が店内に押し入った。男らは「売上金をよこせ」「刺すぞ」などと脅し、金庫にあった売上金90万円を奪い、逃走した。オーナーが110番通報した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 甲府で強盗相次ぐ 12月に入り3件
  • 甲府で強盗相次ぐ 12月に入り3件

「ニュース」のランキング