産経ニュース

元乱用者への簡易検査も 警視庁が薬物再犯防止イベント

ニュース 社会

記事詳細

更新


元乱用者への簡易検査も 警視庁が薬物再犯防止イベント

「NO DRUG警視庁」で挨拶する上條隆利・警視庁組織犯罪対策5課長=23日午前、警視庁(安里洋輔撮影) 「NO DRUG警視庁」で挨拶する上條隆利・警視庁組織犯罪対策5課長=23日午前、警視庁(安里洋輔撮影)

 警視庁は23日、違法薬物の再犯防止の取り組みとして「NO DRUG警視庁」を同庁本部で開催した。再犯を防ぐために元乱用者や元乱用者の家族が集まって互いの経験や現状を語り合うイベントで、平成22年から半年に1回行われ、今回で12回目。

 薬物事件の捜査を担当する警視庁の捜査員や薬物乱用の経験者とその家族ら計123人が参加した。

 参加者によるグループミーティングが実施されたほか、元乱用者への違法薬物の簡易検査も行われた。

 登壇した警視庁組織犯罪対策5課の上條隆利課長は、「ストレスから覚醒剤の依存症になる中高年が増えている」と指摘。イベントの提唱者である警視庁池袋署の蜂谷嘉治警部は、「信じることが再犯防止の最大の抑止力になる」と元乱用者への周囲のサポートの重要性を訴えた。

「ニュース」のランキング