産経ニュース

JR中央線特急がシカ、イノシシと連続衝突 山梨

ニュース 社会

記事詳細

更新


JR中央線特急がシカ、イノシシと連続衝突 山梨

 山梨県内のJR中央線で19日夜、同じ特急列車が立て続けにシカとイノシシと衝突するトラブルがあった。JR東日本八王子支社によると、管内の中央線では4月以降、列車と動物との衝突は4件目。「同じ列車で連続するケースは珍しい」と話している。約200人の乗客と乗務員にけがはなかった。

 同支社によると、19日午後8時59分ごろ、松本発新宿行きの上り特急「あずさ34号」(9両編成)が、山梨県大月市内の中央線(笹子-初狩駅間)を走行中、線路にいたシカ1匹を先頭車両の左側ではねた。列車は緊急停止し、事故処理や車両点検のため、現場に約26分間停車した。

 午後9時25分に運転を再開したが、約6分後の同31分ごろ、約6キロ先の初狩-大月駅間で左側から線路を横断しようとしたイノシシ1頭と衝突した。列車は現場に約18分間停車。新宿駅には定刻よりも約49分遅れて到着した。

 これらのトラブルで、中央線は一時、高尾-甲府駅間で上下線の運行を見合わせ、特急1本が区間運休。上下計9本が遅れ、約1200人の乗客が影響を受けた。

「ニュース」のランキング