産経ニュース

マイナンバー不正で罰金 男性会社員を略式起訴 東京区検

ニュース 社会

記事詳細

更新


マイナンバー不正で罰金 男性会社員を略式起訴 東京区検

 元勤務先の上司のマイナンバー通知カードに記載されている情報を不正に取得したとして、東京区検は19日、マイナンバー法違反の罪で、東京都練馬区の男性会社員(25)を略式起訴した。東京簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 起訴状などによると、2月26日、当時勤務していたIT関連会社で、同社役員の30代女性がパソコンに保存していたマイナンバー通知カードの画像データを、社内のネット回線を通じて自分のパソコンにコピーし、不正取得したとしている。

 区検によると、マイナンバー情報の悪用は確認されなかったという。

「ニュース」のランキング