産経ニュース

【オスプレイ再開】「まるで植民地支配のようだ」沖縄県の反応

ニュース 社会

記事詳細

更新

【オスプレイ再開】
「まるで植民地支配のようだ」沖縄県の反応

米軍普天間飛行場所属のオスプレイの運用再開について、沖縄県庁で取材に応じる翁長雄志知事=19日午前 米軍普天間飛行場所属のオスプレイの運用再開について、沖縄県庁で取材に応じる翁長雄志知事=19日午前

 沖縄本島北部での不時着事故後、運用が停止されていたオスプレイの飛行が19日午後に再開されることについて、沖縄県では「米軍の言いなりで、まるで植民地支配のようだ」と強い反発の声が相次いだ。

 事故現場となった名護市の稲嶺進市長は「言語道断だ。検証ができていないのに日本政府が『はい、分かりました』と言うのは理解できない。米軍優先で、沖縄県民の生命、財産を軽んじている」と批判。沖縄県の謝花喜一郎知事公室長は「県民不在だ。憤りを感じる」と強調した。

 翁長雄志知事は18日、日本政府が飛行再開を拒否するべきだと訴えていた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に抗議する市民団体「ヘリ基地反対協議会」の安次富浩共同代表は「政府が全くあてにならないことがさらけ出された」と非難。「県民の気持ちを逆なでする。沖縄の要求は『全米軍基地撤去』になっていくだろう」と語った。

「ニュース」のランキング