産経ニュース

新潟・妙高 交番で警察官が拳銃自殺 2階に行き40分近く戻らず

ニュース 社会

記事詳細

更新


新潟・妙高 交番で警察官が拳銃自殺 2階に行き40分近く戻らず

18日午前10時15分ごろ、新潟県妙高市下町の県警妙高署下町交番の2階のトイレで、妙高署地域課の交番勤務の男性巡査(23)が拳銃で右こめかみ部分を1発撃ち、自殺を図った。巡査は病院に搬送されたものの、頭部外傷で間もなく死亡が確認された。

 県警によると、巡査は午前10時すぎに交番の2階に上がったまま40分近く1階に戻らず、心配した別の署員が探しに行き、内鍵がかかったトイレの個室のドアを強引にこじ開けたところ、便座に腰掛けた状態で頭から血を流してぐったりしている巡査を発見した。

 巡査は今年4月に県警に入り、9月下旬に警察学校を卒業し、同交番に配属されたばかりだった。県警によると、巡査はまじめな性格で欠勤もほとんどなく、変わった様子もなかった。遺書は見つかっていない。

 交番には当時、巡査のほかに2人の署員がいた。このうち1人が「ドン」という物が落ちるような音を耳にしていたが、銃声だとは気付かなかったという。

 同署の真島豊署長は「署員が拳銃で自殺を図ったことは誠に遺憾。動機などは調査中だが、再発防止に努める」としている。

「ニュース」のランキング