産経ニュース

【死刑制度廃止論】闇サイト殺人遺族の磯谷富美子さん基調講演詳報 「被害者が1人でも、私にとってはかけがえのない大切な娘」 残忍な殺害状況も子細に…

ニュース 社会

記事詳細

更新

【死刑制度廃止論】
闇サイト殺人遺族の磯谷富美子さん基調講演詳報 「被害者が1人でも、私にとってはかけがえのない大切な娘」 残忍な殺害状況も子細に…

シンポジウムでは死刑制度をめぐり、犯罪被害者遺族の磯谷富美子さん(中央)らが意見を交わした =17日、東京都千代田区(滝口亜希撮影) シンポジウムでは死刑制度をめぐり、犯罪被害者遺族の磯谷富美子さん(中央)らが意見を交わした =17日、東京都千代田区(滝口亜希撮影)

 私は娘の事件で初めて裁判を傍聴しました。そのときから、弁護士に対する見方が変わりました。これまではテレビドラマで出てくる正義感の強い弁護士の姿を当たり前のように想像していましたが、裁判で見た弁護人は被告人の刑を軽くするためならどんな方法もいとわない共犯者として映りました。正義感など何も感じられません。弁護人は敵にしか見えませんでした。

 しかし、あすの会(全国犯罪被害者の会)の総会に出席して、被害者に寄り添う弁護士の方々の話を聞き、こんな弁護士もいるのかととても驚きました。そして感動し、元気をもらいました。

 死刑反対を唱える方々は、自分や自分の大切な人は絶対に犯罪に巻き込まれないとの前提の上で物事を考えているのではないでしょうか。想像力の欠如か、あるいはすべてがひとごとか。今や誰に降りかかってくるかもしれない世の中です。きれいごとでは社会秩序は守れません。

終身刑、誰が養うのか

 日弁連の木村保夫副会長は「犯罪被害者の声にしっかり耳を傾け、国民の理解を得る努力をしていく」とおっしゃいましたが、耳を傾けたら死刑を望む声が聞こえてくるはずです。そして多くの国民も死刑が必要と答えるでしょう。

続きを読む

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

「ニュース」のランキング