産経ニュース

【鳥インフル】北海道清水町で21万羽、鳥インフルで殺処分開始

ニュース 社会

記事詳細

更新

【鳥インフル】
北海道清水町で21万羽、鳥インフルで殺処分開始

鳥インフルエンザウイルスが検出された北海道清水町の養鶏場で、殺処分のための準備をする自治体関係者=17日午前 鳥インフルエンザウイルスが検出された北海道清水町の養鶏場で、殺処分のための準備をする自治体関係者=17日午前

 北海道清水町の養鶏場の鶏から高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、北海道は17日、養鶏場で飼育していた約21万羽の殺処分を始める。自衛隊にも派遣を要請して約700人を確保し、24時間態勢で対応を急ぐ。農林水産省も専門家チームを派遣する。

 道によると、この養鶏場の鶏舎で16日朝、約30羽が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査で感染を確認した。

 道は感染拡大防止に向け、車両を対象に、養鶏場から半径10キロ圏内に10カ所の消毒ポイントを設置。半径3キロ圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3~10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁止した。半径10キロ圏内にはほかの養鶏場が7戸あり、計約19万2千羽を飼育している。

「ニュース」のランキング