産経ニュース

【女子大生ストーカー刺傷】警視庁、被害者に謝罪 検証結果を公表 女子大生側は手記を公開

ニュース 社会

記事詳細

更新

【女子大生ストーカー刺傷】
警視庁、被害者に謝罪 検証結果を公表 女子大生側は手記を公開

会見で冨田真由さんの手記を読み上げ、現在の状況について説明する代理人弁護士ら=16日午後、東京都千代田区霞が関(緒方優子撮影) 会見で冨田真由さんの手記を読み上げ、現在の状況について説明する代理人弁護士ら=16日午後、東京都千代田区霞が関(緒方優子撮影)

 東京都小金井市で5月、音楽活動をしていた私立大生の冨田真由さん(21)がファンの男に刺され重体となっていた事件で、警視庁は16日、事件前に相談を受けながら被害を防げなかったことについて、冨田さん本人と家族に謝罪したと明らかにした。

 「安全を早急に確保する必要があると判断すべき事案だった」とする最終の検証結果を同日、公表した。

 検証結果によると、冨田さんは警視庁に「事前に武蔵野署に相談した際、『ファンの男に殺されるかもしれない』と伝えた」と証言したが、警視庁は「武蔵野署はその思いをくみ取るに至らなかった」とした。

 冨田さんの代理人弁護士は16日、都内で記者会見し「殺されるかもしれないと(警察に)何度も伝えたのに、危険性がないと判断されたのは今でも理解できない」とする本人の手記を公表した。

このニュースの写真

  • 警視庁、被害者に謝罪 検証結果を公表 女子大生側は手記を公開
  • 警視庁、被害者に謝罪 検証結果を公表 女子大生側は手記を公開
  • 警視庁、被害者に謝罪 検証結果を公表 女子大生側は手記を公開

「ニュース」のランキング