産経ニュース

ポリ袋の中に男性遺体 事件、自殺の両面で捜査 宮城の雑木林

ニュース 社会

記事詳細

更新


ポリ袋の中に男性遺体 事件、自殺の両面で捜査 宮城の雑木林

ポリ袋に入った男性遺体が見つかった雑木林を調べる宮城県警の捜査員=14日午後1時59分、宮城県利府町 ポリ袋に入った男性遺体が見つかった雑木林を調べる宮城県警の捜査員=14日午後1時59分、宮城県利府町

 14日午後0時5分ごろ、宮城県利府町神谷沢の県道近くの雑木林で、送電線の点検をしていた男性作業員から「死体のようなものを見つけた」と110番があった。遺体は男性で40~60代とみられ、透明のポリ袋に全身が入っていた状態だった。目立った外傷はなく、県警は自殺と事件の両面で捜査している。

 県警によると、遺体は身長約175センチで、白髪交じりの短髪。眼鏡や上下の服、サンダルを身に着けていた。現金が入った小銭入れもあったが、身元を示す所持品はなかった。県警は15日以降に司法解剖し、死因を調べる。

 現場は、JR東北線の岩切駅(仙台市)から北に約2キロの住宅が点在する地域。近所に住む女性(78)は「パトカーが道沿いにいっぱい止まっていて驚いた。とても治安の良い場所なのに」と話した。

「ニュース」のランキング