産経ニュース

本紙記者、2審も敗訴 FB記述めぐる名誉毀損訴訟 

ニュース 社会

記事詳細

更新


本紙記者、2審も敗訴 FB記述めぐる名誉毀損訴訟 

 フェイスブック(FB)に投稿された虚偽の内容で名誉を毀損されたとして、民進党の小西洋之参院議員が産経新聞の阿比留瑠比記者に440万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が5日、東京高裁であった。1審東京地裁判決は、阿比留記者に110万円の賠償と投稿削除を命じた一方、全国紙への謝罪広告掲載やFBへの謝罪文掲載は認めなかった。双方が控訴していたが、河野清孝裁判長は1審判断を支持、双方の控訴を棄却した。

 阿比留記者は「上告する方向で検討しています」、小西氏は「判決を真摯に受け止め、報道責任者の自覚を胸に、安保法制の違憲問題の報道にも励んでいただきたい」などとするコメントをそれぞれ出した。

 問題となったのは平成27年4月1日に阿比留記者が自身のFBページ上で行った投稿。実名、所属政党名などを記さずに「また聞き」と断った上で、「国会の指差しクイズ王」が「官僚時代に意にそまぬ異動で1週間無断欠勤したそうです」などと記述した。これについて小西氏は「名誉毀損に当たる」として、阿比留記者に1100万円の損害賠償を求める訴えを起こしていた。

 1審の東京地裁判決は、投稿の対象は「小西議員と理解される」と指摘。「再伝聞がもとの投稿で真実とは言い難い」と名誉毀損を認定し、阿比留記者に110万円の賠償を命じた。

続きを読む

「ニュース」のランキング