産経ニュース

大麻使用で空士長懲戒免職 空自浜松基地

ニュース 社会

記事詳細

更新


大麻使用で空士長懲戒免職 空自浜松基地

 航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)は22日、大麻を所持、使用したとして航空戦術教導団高射教導群の20代の男性空士長を懲戒免職にした。浜松地方警務隊が7日、大麻取締法違反(所持)の疑いで書類送検していた。

 基地によると、空士長は7~8月、静岡県や愛知県で大麻を所持、使用した。8月下旬の抜き打ちの薬物検査で陽性反応が出た。使用を認め「基地では使っていない」と話しているという。

 浜松基地司令の平塚弘司空将補は「自衛官として決してあってはならない犯罪行為で誠に遺憾。再発防止に取り組む」とのコメントを出した。

「ニュース」のランキング