産経ニュース

【原発避難先いじめ】生徒が手記公表「しんさいでいっぱい死んだからいきるときめた」 弁護士が涙の代読

ニュース 社会

記事詳細

更新

【原発避難先いじめ】
生徒が手記公表「しんさいでいっぱい死んだからいきるときめた」 弁護士が涙の代読

いじめを受けていた横浜市立中の男子生徒が平成27年夏に書いた手記 いじめを受けていた横浜市立中の男子生徒が平成27年夏に書いた手記

 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)がいじめを受けていた問題で、代理人の弁護士は15日、「ばい菌扱いされてつらかった」などとつづった男子生徒の手記を公表した。弁護士は時折、涙を浮かべながら手記を代読した。

 手記は不登校になっていた昨年7月、小6の時に書いた。小2で自主避難した直後から名前に菌を付けて呼ばれるなどのいじめを受けており、「ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもっていつもつらかった。福島の人はいじめられるとおもった」とつづった。

 小5の時に「(原発事故の)ばいしょう金あるだろ」と言われ、同級生らの遊興費などを負担したことについては「ていこうするとまたいじめがはじまるとおもってなにもできずにただこわくてしょうがなかった」としている。

 いじめの内容では「いつもけられたり、なぐられたりランドセルふりま(わ)される、かいだんではおされたりしていつもどこでおちるかわかんなかったのでこわかった」と訴えた。

 学校側に何度訴えても対応してもらえなかったことにも触れ、「いままでいろんなはなしをしてきたけどしんようしてくれなかった」「(先生に)むしされてた」と悔しさをにじませた。

続きを読む

「ニュース」のランキング