産経ニュース

【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

配送する佐川急便の担当者。駐車違反の身代わり出頭が明らかになったが、配送時の駐車をどうするか抜本策はない=東京都内 配送する佐川急便の担当者。駐車違反の身代わり出頭が明らかになったが、配送時の駐車をどうするか抜本策はない=東京都内

 翌日、佐川急便の男性配達員(38)ら2人が東京都荒川区町屋の組事務所に荷物を届けに訪れた。

 差し出された宅配物を勝手に開ける組員B。そこに罵声を浴びせながら、組員Aが登場しモデルガンを突きつけた。

 騒然とする室内。組員Bは配達員に向かって「こんな状況では帰れ」と言い放った。

 目の前で突然、やくざ同士の内輪もめがはじまったなら、素人は逃げる-。そういう想定だった。

 「佐川男子」。青と白のボーダー柄の制服に筋肉質な体を包み、さわやかな笑顔で荷物を運ぶ佐川急便の男性配達員は、ちまたでこう呼ばれている。女性からの人気が高く、イケメンドライバーの写真を集めた公式ファンブック「佐川男子」が出版されるなど、同社のPRにも一役買っている。

とっさに商品奪い返す 「配達員にはかないませんや」

 その「佐川男子」の2人は肝っ玉が据わっていた。とっさに商品を取り返し、「逃げる途中に背中から打たれてはかなわない」と、モデルガンも取り上げて事務所から出て、走りながら110番通報した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

「ニュース」のランキング