産経ニュース

【千葉女性監禁】少女生き埋め初公判 「殺さないで」命ごいかまわず 被告、前日に穴掘り監禁準備

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉女性監禁】
少女生き埋め初公判 「殺さないで」命ごいかまわず 被告、前日に穴掘り監禁準備

 千葉県芝山町の畑に昨年4月、船橋市に住む女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた住居不定、無職の中野翔太被告(21)に対する裁判員裁判の初公判が11日、千葉地裁(吉井隆平裁判長)で開かれた。中野被告は罪状認否で「間違いありません」と起訴内容を認めた。この事件をめぐる公判は初めてで、犯行前に監禁の道具を購入したり生き埋めの穴を掘ったりするなど、計画性や残虐性が浮き彫りとなった。

 起訴状によると、中野被告は昨年4月19日夜、同罪で起訴されている住居不定、無職の井出裕輝被告(22)らとともに、千葉市中央区の路上で女性を乗用車に乗せ両手足を緊縛するなどして監禁。車内で財布やバッグを奪い、翌20日未明、芝山町の畑に掘ってあった穴に女性を入れ土砂で生き埋めにし、窒息死させた。

 事件には両被告の他に、女性の元同級生の少女(19)と、少女の友人の少年(18)も犯行グループとして関与。少女は千葉家裁から検察官送致(逆送)され、主犯格として強盗殺人と逮捕監禁罪で起訴されている。逮捕監禁の非行事実で家裁送致された少年は少年院送致された。

続きを読む

「ニュース」のランキング