産経ニュース

【神宮イベント火災】5歳男児死亡、父親ら2人けが 展示の木製遊具燃える

ニュース 社会

記事詳細

更新

【神宮イベント火災】
5歳男児死亡、父親ら2人けが 展示の木製遊具燃える

激しく炎を上げる展示物=6日午後、東京都新宿区霞ケ丘町(読者提供) 激しく炎を上げる展示物=6日午後、東京都新宿区霞ケ丘町(読者提供)

 6日午後5時15分ごろ、東京都新宿区霞ケ丘町の明治神宮外苑のイベント会場から「モニュメントが燃えている」と、110番通報があった。警察官や消防隊員らが駆けつけたところ木製の展示品が燃え、火はまもなく消し止められたが、5歳の男児が死亡し、40代の男性2人が負傷した。

 警視庁四谷署によると、死亡したのは港区港南の幼稚園児、佐伯健仁(けんと)君(5)。負傷したのは健仁君の父親(44)と、救出しようとした男性で、ともに意識はあり命に別条はないという。

 火災があったのは、アート作品を展示するイベント「TOKYO DESIGN WEEK2016」。燃えたのは「素(す)の家」と名付けられた木製のジャングルジムで、人が中で遊べるようになっていた。内部には大量のおがくずがあり、下から強いライトが当てられていた。

 健仁君は内部で遊んでいる最中に火事に巻き込まれたとみられ、同署はおがくずに引火した可能性もあるとみて詳しい原因を調べている。

 「素の家」を出展していたのは日本工業大(埼玉県宮代町)の学生。同大は「詳細は分からない」としている。イベントは昭和61年から続いており、昨年は10日間で10万人が来場した。

このニュースの写真

  • 5歳男児死亡、父親ら2人けが 展示の木製遊具燃える
  • 5歳男児死亡、父親ら2人けが 展示の木製遊具燃える

「ニュース」のランキング