産経ニュース

日教組委員長辞任へ 週刊誌報道で引責 副委員長が職務代理

ニュース 社会

記事詳細

更新


日教組委員長辞任へ 週刊誌報道で引責 副委員長が職務代理

 日本教職員組合(日教組)の岡本泰良(やすなが)委員長が辞任することが2日、分かった。労組関係者が明らかにした。岡本氏の不倫疑惑が週刊新潮で報じられたためで、引責辞任となる。日教組は当面、委員長ポストを空席にし、別の日教組幹部が委員長の職務代理を担う方向で調整している。

 関係者によると、日教組幹部が今月上旬にも、別の労組の幹部に岡本氏の辞任の意向を伝える。3人いる副委員長のうち1人が、委員長の職務を代行する見通し。来年3月の臨時大会で、新委員長を選出する構えだ。

 岡本氏は報道後の10月14日、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)中央委員会を欠席。日教組は「岡本氏の体調が優れず、休養していた」と説明していた。報道をめぐっては、連合の神津里季生会長が同日、「プライベートな問題として済ませることができるのか、そうでないのかを含め説明を求めたい」と述べ、岡本氏に事情聴取する考えを示していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング