産経ニュース

イスラム法学者・中田考氏の古物店や自宅を家宅捜索 警視庁 記録なく商品売買

ニュース 社会

記事詳細

更新


イスラム法学者・中田考氏の古物店や自宅を家宅捜索 警視庁 記録なく商品売買

 商品売買の際に記録を残していなかったとして、警視庁目白署は31日、古物営業法違反容疑で、イスラム法学者で元同志社大教授の中田考氏(56)らが経営する古物店「リサイクルショップ落穂拾(らくすいしゅう)」(東京都豊島区)や、中田氏の自宅を家宅捜索した。

 目白署によると、同法では商品の売買の際に帳簿に記録をすることが義務づけられているが、落穂拾では記録を残していなかった疑いが持たれている。

 中田氏は平成26年10月、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の戦闘員に加わろうとした北海道大学の男子学生にシリア渡航を手配したとして、警視庁公安部に私戦予備・陰謀容疑で家宅捜索を受けていた。

「ニュース」のランキング