産経ニュース

【東京大規模停電】東電、火災のケーブル35年間の旧式のまま 都心のインフラ老朽化どう防ぐ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【東京大規模停電】
東電、火災のケーブル35年間の旧式のまま 都心のインフラ老朽化どう防ぐ

 東京都心部で約58万6千軒の大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の地下送電ケーブル火災について、東京電力は13日、発生現場と同じ35年以上が経過した旧式の送電ケーブルが管内に総延長で約1千キロ以上あることを明らかにした。東電は新式への置き換えを進めているが、旧式の多くは地下施設が過密状態の都心に集中しているという。

 「35年以上も同じケーブルを使い続けながら劣化を見抜けなかった」。世耕弘成経済産業相は13日、東電の広瀬直己社長にこう厳しい言葉をかけた。広瀬社長は謝罪した上で、同タイプの送電線を緊急点検中だと説明した。安倍晋三首相も13日の参院予算委員会で、「ほかの電力会社も含めて古いケーブルの緊急点検を実施させ、同様の事案が生じないよう指導、監督していく」と強調した。

 火災現場には13日、埼玉県警や消防などの職員が入ったが、放水した水が深さ約160センチまでたまり、ケーブルのある場所まで行けなかったという。排水作業に2、3日かかるという。

 東電によると、火災が起きたのは金属製の導体に油を染み込ませた絶縁紙が何重にも巻かれた旧式ケーブル。絶縁紙の破損による漏電で油が発火したことが原因とみられ、経年劣化の可能性もあるという。

続きを読む

「ニュース」のランキング