産経ニュース

コストコ崩落、逆転無罪 「建築士、説明義務果たす」 東京高裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


コストコ崩落、逆転無罪 「建築士、説明義務果たす」 東京高裁

 東日本大震災で東京都町田市のスーパー「コストコ多摩境店」の駐車場スロープが崩落して8人が死傷した事故で、スロープを設計した1級建築士で、業務上過失致死傷罪に問われた高木直喜被告(69)の控訴審判決公判が13日、東京高裁で開かれた。井上弘通裁判長(合田悦三裁判長代読)は1審有罪判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 判決によると、高木建築士は建物とスロープを耐震性の高い床でつなげるよう設計。しかし、実際の工事では、耐震性の低い鋼板だけでつながれていた。そのため震災で崩落した。

 1審東京地裁立川支部は「高木建築士は床でつなぐという自身の設計を、設計の総括責任者らに十分に説明しないと設計とは異なる工事が行われる危険があったのに、説明義務を怠った」として過失を認定。禁錮8月、執行猶予2年(求刑禁錮1年6月)とした。

 しかし、東京高裁は「高木建築士は設計内容を書面で総括責任者らに伝えており、説明義務は果たしていた。むしろ総括責任者らの側に高木建築士の設計内容を確認すべき義務があった」と指摘した。

 この事故では、警視庁が高木建築士や総括責任者ら計4人を書類送検。東京地検立川支部は平成25年、高木建築士を起訴し、他の3人は不起訴とした。

続きを読む

「ニュース」のランキング