産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


東北道で車降りた女性、はねられ死亡

 9日午前4時10分ごろ、宮城県大崎市三本木新沼の東北自動車道下り線で、軽乗用車の単独事故があり、車から降りた女性が後続の車にはねられ死亡した。

 県警によると、死亡したのは秋田県大仙市の介護職員、品川裕加さん(19)。車がガードロープに接触して走行車線上に停止。車外に出た品川さんが、左側に避けようとした宮城県大郷町の男性(42)の軽乗用車にはねられた。さらに後ろの乗用車も品川さんの車に追突したが、後続の2台にけが人はいなかった。

 現場は片側2車線のほぼ直線。東北道下り線は大和インターチェンジ(IC)-古川IC間が約3時間、通行止めになった。

「ニュース」のランキング