産経ニュース

【日弁連「死刑制度廃止」宣言採択】死刑廃止は「世界の潮流」か 廃止国増加も国内世論8割は「存続」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【日弁連「死刑制度廃止」宣言採択】
死刑廃止は「世界の潮流」か 廃止国増加も国内世論8割は「存続」

日弁連が開いた人権擁護大会の会場入り口で、「死刑制度絶対必要」などと書かれたビラを配る全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーら=7日、福井市(宮沢宗士郎撮影) 日弁連が開いた人権擁護大会の会場入り口で、「死刑制度絶対必要」などと書かれたビラを配る全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーら=7日、福井市(宮沢宗士郎撮影)

 日弁連が死刑廃止を宣言することで、被害者支援に携わる弁護士からは「われわれに対する被害者遺族の信頼が失われ、十分な支援活動ができなくなる」(高橋正人弁護士)との懸念も漏れ、「思想・良心の自由の侵害」との批判を振り切った形での採択となった。

     

 【人権擁護大会】日弁連の人権擁護活動として、昭和33年に始まった。毎年1回、全国の弁護士が開催地に集まり、性差別や貧困格差などの人権問題に関する宣言や決議を採択するほか、一般市民が参加できるシンポジウムも開かれる。近年は東京電力福島第1原発事故に関する宣言・決議も多く、平成25年には「福島原発事故被害の完全救済および脱原発を求める決議」が採択された

「ニュース」のランキング