産経ニュース

町民らが犠牲者に祈り 岩手・岩泉水害1カ月

ニュース 社会

記事詳細

更新


町民らが犠牲者に祈り 岩手・岩泉水害1カ月

9人の犠牲者が出た高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の前で黙祷する職員ら=30日午後、岩手県岩泉町(宮崎瑞穂撮影) 9人の犠牲者が出た高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の前で黙祷する職員ら=30日午後、岩手県岩泉町(宮崎瑞穂撮影)

 台風10号による大雨で19人が犠牲になった岩手県岩泉町では30日正午、黙祷を呼びかけるサイレンが鳴り、町民らが避難所や役場などで追悼の祈りをささげた。県警岩泉署と地元消防の計約15人は棒で流木や石をどけながら、見つかっていない町民2人の手掛かりを捜した。

 川の氾濫で入所者9人が逃げ遅れて死亡した高齢者グループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」には喪服姿の職員ら約70人が集合。献花台に向かって全員で目を閉じ、静かに手を合わせた。運営法人の佐藤弘明常務理事(53)は「1人1人の顔が頭に浮かんだ。施設でもっと思い出をつくってもらいたかった。何カ月たっても謝罪の気持ちは変わらない」とうつむいた。

 2人が行方不明になっている北海道清水町でも消防が捜索を行った。捜索は道警と交代で続けられていたが、30日でいったん打ち切られる。

「ニュース」のランキング