産経ニュース

夜間横断中の歩行者事故 97.8%が車のライト下向き 長野県警調べ

ニュース 社会

記事詳細

更新


夜間横断中の歩行者事故 97.8%が車のライト下向き 長野県警調べ

 長野県内で今年発生した、夜間に道路横断中の歩行者が車にはねられた交通事故92件のうち90件(97.8%)が、車のライトが下向き(ロービーム)だったことが長野県警のまとめで分かった。道路交通法は対向車とすれ違う際などはロービームにするよう定めているが、長野県警は対向車や先行車がいない場合はライトを上向き(ハイビーム)にして走行するよう呼びかけている。

 92件のうち死亡事故は11件、負傷事故は81件。それぞれ1件をのぞいてロービームで走行していた。警察庁のまとめでは、昨年1年間の全国における夜間の死亡事故625件のうち、ロービームだったのは597件(約96%)だった。

 長野県警交通企画課によると、照射距離はロービームが約40メートルなのに対し、ハイビームは約100メートル。時速60キロで走行する場合の停止距離は約44メートルで、ロービームでは車と歩行者との距離が40メートル以上離れていた場合に気づくのが遅れ、ブレーキが間に合わない。

 同様の事故のケースで、夜光反射材を装着していて死亡した歩行者は過去5年間に2人だったが、装着していなかった死者数は111人に上った。

「ニュース」のランキング