産経ニュース

東急ハンズで個人情報861件が流出の恐れ すでにカード不正利用発生

ニュース 社会

記事詳細

更新


東急ハンズで個人情報861件が流出の恐れ すでにカード不正利用発生

 東急ハンズは30日、手作り作品の通販サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード番号や住所、電話番号などの個人情報861件が流出した可能性があると発表した。このうち十数件はカードが不正利用されたとみられるという。

 流出した可能性があるのは「ハンズ・ギャラリーマーケット」で今年1月4日~9月9日までの間に商品を購入した顧客の情報。9日にカード会社から「情報が流出しているのではないか」との指摘があり、外部に調査を依頼していた。

 861件のうち、クレジットカード情報が流出したのは529件。現在はサイトの利用を停止しており、再開時期は未定という。

 29日に警視庁に届け出て、経済産業省にも報告した。不正利用の被害額は分かっておらず、今後調べた上で被害届を出す。

 東急ハンズは情報が流出した客には個別に連絡するとともに、カードを再発行する際の手数料を負担するとしている。

「ニュース」のランキング