産経ニュース

裁判所が投稿者情報の開示命令 虚偽ツイート「安保法案に反対するデモで孫死んだ」

ニュース 社会

記事詳細

更新


裁判所が投稿者情報の開示命令 虚偽ツイート「安保法案に反対するデモで孫死んだ」

 「安保法案に反対するデモで孫が死んだ」との虚偽のツイッター投稿に娘の写真が無断で転用され、肖像権が侵害されたとして、新潟市秋葉区の大嶋陽さん(38)夫妻がプロバイダー(接続業者)に投稿者情報の開示などを求めていた訴訟の判決で、新潟地裁(近藤幸康裁判官)は30日、プロバイダーに開示を命じた。

 近藤裁判官は「原告側には発信者に対する損害賠償請求のために情報開示を受けるべき正当な理由がある」と判断した。

 判決などによると大嶋さんが平成26年8月、家族で別のデモに参加した際に娘の写真をツイッターに投稿。昨年7月、「国会前デモに連れて行かれた孫が熱中症で死亡した」とする虚偽の内容をツイッターに書かれ、写真が無断で添付されたとしている。

 プロバイダー側は「発信者情報を開示しても投稿した人物の特定ができるかは不明」と反論していた。 

「ニュース」のランキング