産経ニュース

「多くの人が血を流していた」 NY郊外の衝突事故 列車内は通勤客ですし詰め状態

ニュース 社会

記事詳細

更新


「多くの人が血を流していた」 NY郊外の衝突事故 列車内は通勤客ですし詰め状態

29日、米ニュージャージー州ホーボーケンの通勤列車衝突事故で、手当てを受ける負傷者ら(ゲッティ=共同) 29日、米ニュージャージー州ホーボーケンの通勤列車衝突事故で、手当てを受ける負傷者ら(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク支局】「多くの人が血を流し、泣いていた」-。米ニューヨーク郊外の鉄道駅で29日、すし詰め状態の列車が駅舎に突っ込み百人以上の死傷者を出した事故で、米メディアは目撃者の生々しい証言を伝えた。

 事故が起きたのは現地時間で29日午前9時前。ホーボーケンはニューヨーク市から10キロ程度で日本人も数百人程度が住む地域で、通勤時間帯とあって駅構内は乗客で混み合っていた。列車はホームに乗り上げる格好で大破。特に先頭から1~2両目の車両は改札に近いため乗客が多かったもようだ。米AP通信は、乗客が2両目の緊急避難用の窓を割って外に逃げ出した様子を伝えた。

 乗客の男性は米メディアに「コンクリートの下敷きになっている女性を見た」と発生直後の現場の惨状を証言。鉄道関係者は「列車はかなり速いスピードで突っ込んできた」と振り返った。乗客がツイッターに投稿した写真には、駅舎の屋根が崩落している様子が写っている。

 米国では死者が複数出る列車事故が度々発生。昨年5月には東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの脱線事故で8人が死亡した。

このニュースの写真

  • 「多くの人が血を流していた」 NY郊外の衝突事故 列車内は通勤客ですし詰め状態
  • 「多くの人が血を流していた」 NY郊外の衝突事故 列車内は通勤客ですし詰め状態

「ニュース」のランキング