産経ニュース

岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落

ニュース 社会

記事詳細

更新


岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落

台風10号から約1カ月たった現在も、電話アンテナなどの復旧工事がおこなわれている=29日午後、岩手県岩泉町(宮崎瑞穂撮影) 台風10号から約1カ月たった現在も、電話アンテナなどの復旧工事がおこなわれている=29日午後、岩手県岩泉町(宮崎瑞穂撮影)

 統計史上初めて東北の太平洋側に上陸した台風10号が岩手県などに大きな被害をもたらしてから30日で1カ月。川の氾濫で多数の住宅が倒壊した同県岩泉町では、山間の集落で停電や断水が続き、28日現在、322人が避難所で生活している。

 東北電力によると、同町内では計約400本の電柱が倒壊。今も3集落で計約210戸が停電状態だという。大雪などによる断線なら通常3、4日で復旧できるが、今回は道路が寸断されている中、電柱も立て直さなければならないため時間がかかっている。29日も各地で電気の復旧工事が行われていた。

 町内の死者は19人に上り、いまだ2人が行方不明。岩手県警は30日に集中捜索を行う。不明者の氏名公表が求められるが、依然、非公表のままだ。

このニュースの写真

  • 岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落
  • 岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落
  • 岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落
  • 岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落
  • 岩手・岩泉町水害1カ月 道路寸断、停電続く集落

「ニュース」のランキング