産経ニュース

【横浜患者殺害】男性1人も中毒死、連続殺人で捜査

ニュース 社会

記事詳細

更新

【横浜患者殺害】
男性1人も中毒死、連続殺人で捜査

大口病院の正面玄関には26日、来月1日まで休診を告げる張り紙が貼られ、訪れた人々は困惑した様子だった=26日、横浜市神奈川区(河野光汰撮影) 大口病院の正面玄関には26日、来月1日まで休診を告げる張り紙が貼られ、訪れた人々は困惑した様子だった=26日、横浜市神奈川区(河野光汰撮影)

 横浜市神奈川区の「大口病院」で、点滴に異物が混入され入院中の無職、八巻信雄さん(88)が殺害された事件で、神奈川県警神奈川署捜査本部は26日、八巻さんと同じ4階に入院して亡くなった男性2人のうち1人の死因は中毒死だったと発表した。司法解剖の結果、八巻さんと同じ界面活性剤の成分が男性の体内から検出された。捜査本部は連続殺人事件と断定、捜査を進める。

 中毒死と判明したのは、横浜市青葉区梅が丘、無職、西川惣蔵(そうぞう)さん(88)。西川さんは、八巻さんと同じ病室に13日から入院し、栄養剤などの点滴を受けていたが、18日午後7時ごろ死亡した。西川さんは寝たきりの状態だった。

 捜査本部によると、西川さんに使用された点滴袋には穴や破れなど目立った破損は確認されず、当初は同病院の医師により病死と診断されていた。八巻さんの死因が中毒死と判明したことで、捜査本部は18日以降に死亡した西川さんを含む男女3人の患者について司法解剖を実施、死因特定を進めていた。西川さん以外の男女2人は病死だった。

続きを読む

「ニュース」のランキング