産経ニュース

日弁連、初の「死刑廃止」宣言案提出へ 10月7日の人権擁護大会、「加害者の人権しか守っていない」…遺族や弁護士から反発も

ニュース 社会

記事詳細

更新


日弁連、初の「死刑廃止」宣言案提出へ 10月7日の人権擁護大会、「加害者の人権しか守っていない」…遺族や弁護士から反発も

 これに対し、日弁連死刑廃止検討委員会事務局長の小川原優之弁護士は「個々の会員の思想・信条を侵害するものではない」とした上で、「日本では死刑の存廃に関する公の議論が深まっていない。日弁連の宣言で何かがすぐに変わるわけではなく、社会全体が死刑について議論するきっかけにしてほしい」と話した。

「死刑やむを得ない」8割

 死刑制度の存廃を議論する際に材料の一つとされるのが内閣府の世論調査だ。

 平成26年度の調査では、死刑制度の存廃について尋ねたところ「死刑もやむを得ない」との回答は80.3%に上り、「死刑は廃止すべきである」の9.7%を大きく上回った。

 一方、仮釈放のない終身刑が導入された場合は「死刑を廃止する方がよい」は37.7%にとどまり、「廃止しない方がよい」が51.5%と過半数を占めた。

「ニュース」のランキング