産経ニュース

【主張】富山の政活費不正 子供に何と説明するのか

ニュース 社会

記事詳細

更新

【主張】
富山の政活費不正 子供に何と説明するのか

 不正が明るみに出る前、富山市議会は来春から議員報酬を月10万円引き上げ、中核市で最高レベルの70万円とする条例を可決していた。ずいぶんと財政に余裕があるようだが、この歴史的な不祥事を受け、まさか増額した報酬を予定通り受け取ることはあるまい。

 わずかな常識さえあれば、政活費の支給見合わせと報酬の減額に優先して取り組むのではないか。他の地方議会も注目している。

 残念ながら、富山市議会だけに驚いたり、あきれたりしてはいられない。地方議員の政活費の不正受給は全国的に蔓延(まんえん)している問題だからである。

 政活費に「第2の報酬」との強い批判があることが、それを物語っている。むろん、議会によっては議員が立て替え払いし、完全後払いにすることで十分なチェックを行い、適正な支出に努めているところもある。

 これらは国会議員にとって耳の痛い話のはずだ。月額100万円の文書通信交通滞在費は、無税で報告義務のない「つかみ金」である。見直しは行われていない。

「ニュース」のランキング