産経ニュース

【主張】富山の政活費不正 子供に何と説明するのか

ニュース 社会

記事詳細

更新

【主張】
富山の政活費不正 子供に何と説明するのか

 地方議員に支給される政務活動費を不正請求したことにより、富山市議会で議長を含め9人が次々と辞職するお粗末極まりない事態が起きた。

 辞職者は自民党会派のほか民進党系会派にも広がり、不正請求額は両会派合わせて約3300万円に上るという。

 手口はといえば、白紙の領収書に数字を書き加えるほか、ワープロソフトで領収書を自作した例もあった。飲食や遊興費に充てたほか、選挙対策費にも流用されていた。

 議員の政策能力を高めるという目的で支給される公費である。不正行為は泥棒とどう違うのか。子供に説明できるのか。徹底した調査と再発防止策が欠かせない。

 政活費は、遊興費はもちろん選挙活動への充当は認められない。当たり前のルールを守れない人物に議員の資格などあるまい。

 市議会は政活費のあり方を見直す検討会を立ち上げた。だが、1人当たり年額180万円というカネがあるから不正が起きる。支給方法の問題ではなく、まず支給をストップして考えるという発想はないのだろうか。

 定数40の6分の1超が欠け、11月に補欠選挙が行われる。それでなくとも、不正議員のために余分な支出が必要になるのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング