産経ニュース

【石原慎太郎の日本よ】「異常気象」は何を暗示しているか? 不気味な態様に本気で目を凝らすべき時だ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【石原慎太郎の日本よ】
「異常気象」は何を暗示しているか? 不気味な態様に本気で目を凝らすべき時だ

石原慎太郎氏 石原慎太郎氏

 先月末に発生し迷走の末に東北や北海道という盲点に近い地域を襲い甚大な被害をもたらした台風十号の態様は不気味に暗示的な気がしてならない。

 今日地球温暖化による異常気象とかエルニーニョなる言葉に我々は膾炙(かいしゃ)しすぎているような気がしてならないが、我々は自分自身ならぬ自分の子孫たちのために本気で温暖化なる大まかな気象の推移に本気で目を凝(こ)らさなくてはならぬ所まで来てしまっているのではなかろうか。と言えば誰しもが頷(うなず)きながらも「いやまだだよ」と肩をすくめたがるが、もうそろそろ本気で立ち止まり周りに目を凝らしてみる時にきているような気がしてならない。

 私の孫の上の二人は女でもう二十歳代半ばまで無事に育ってきているが、私としては彼女たちの近い結婚、さらにその子供たち、私の曽孫の人生を思わぬ訳にいきはしない。果たしてこれから未来における彼らの生存の態様はいかなることになり得るのだろうか。

 ここにいたって今まであちこちで話し記しもしてきたことをしきりに思いかえさずにいられない。今から四十年前に東京のあるホールで聞いたあのブラックホールの発見者天才宇宙学者のホーキングの講演をだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング