産経ニュース

【主張】チケット高額転売 ネットダフ屋を排除せよ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【主張】
チケット高額転売 ネットダフ屋を排除せよ

 コンサートのチケットがインターネットなどを通じて高額で転売されている。音楽業界団体やアーティストらが防止を求める声明を出した。

 一部の者が不当な利益を得るためにチケットが高騰し、文化芸術を楽しむ機会が奪われる現状はおかしい。正常化への活動を支持したい。

 日本音楽制作者連盟など音楽業界団体と、サザンオールスターズや中島みゆきさんら100組以上が連名で8月下旬、「音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」との共同声明を出した。賛同者が増えている。

 仕事で行けなくなった場合など、要らなくなったチケットをネットオークションで売ること自体は違法ではない。抑止の一環として、適正価格で再販できるシステムづくりに業界も取り組む。

 問題なのは、最初から転売を狙って業者や個人が組織的に買い占める行為の横行である。「本当に欲しい数多くのファンの手に入らないことに強い憤りを感じる」との指摘はもっともだろう。

 音楽CDの売り上げが減少する一方で、音楽や演劇公演などの動員人数や売り上げは伸びている。人気アーティストのチケットは入手しにくく、高額化しやすい事情もある。

 最近では人気グループ「嵐」のチケットなどを転売したとして25歳の女が古物営業法違反(無許可営業)容疑で逮捕された。約2年前から300枚を転売、約1千万円を売り上げたとみられる。

続きを読む

「ニュース」のランキング