産経ニュース

【高知東生覚醒剤判決】裁判官が「失ったものは大きい。心身ともキレイになって」と説諭 高知東生被告と知人女性の五十川敦子被告に有罪判決 東京地裁 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【高知東生覚醒剤判決】
裁判官が「失ったものは大きい。心身ともキレイになって」と説諭 高知東生被告と知人女性の五十川敦子被告に有罪判決 東京地裁 

五十川敦子被告 五十川敦子被告

 覚せい剤取締法違反(所持・使用)などの罪に問われた元俳優の高知東生(本名・大崎丈二)被告(51)と、知人の元クラブホステス、五十川敦子被告(34)の判決公判が15日、東京地裁で開かれた。室橋雅仁裁判官は両被告に懲役2年、執行猶予4年、(求刑ともに懲役2年)の有罪判決を言い渡した。

 この日、20席用意された一般傍聴席に対し、傍聴希望者384人が列を作り、倍率は約19倍となった。

 高知被告は黒い上下スーツに黒い短髪姿、五十川被告も黒い女性用スーツに、茶色の長髪を後ろに束ねた姿で出廷した。

 室橋裁判官は判決で「遅くとも平成22年ごろから、高知被告が五十嵐被告に購入資金を渡し、覚醒剤や大麻を購入させて、密会場所で使用していた。五十嵐被告も自身で密売人から購入し、単独で使用したり、高知被告と一緒に使うなどしていた。常習性や依存性は顕著だ」と指摘。一方で、「2人とも前科前歴はない上、社会的制裁を受けた」などと実刑を回避した理由を説明した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 裁判官が「失ったものは大きい。心身ともキレイになって」と説諭 高知東生被告と知人女性の五十川敦子被告に有罪判決 東京地裁 

「ニュース」のランキング