産経ニュース

福島第2原発、警報意図的に停止 「重大事案に発展する恐れ」規制委が違反認定

ニュース 社会

記事詳細

更新


福島第2原発、警報意図的に停止 「重大事案に発展する恐れ」規制委が違反認定

 原子力規制委員会は12日、東京電力が福島第2原発で意図的に警報器を停止していたため、重大事案に発展する恐れがある核物質防護規定違反と断じ、東電に厳重注意処分を科した。

 規制委によると、福島第2原発では、人の侵入を検知する警報器が誤って鳴る事案が頻発したため、東電側が意図的に停止。現場だけでなく、警備責任者も停止を知っており、規制委は「組織的管理機能が低下している」と指摘した。

 規制委が昨年10月に実施した検査で発覚した。規制委は「人の侵入を確認するのが困難な状態になっていた」としている。

「ニュース」のランキング